先物手口分析-2020/4/20

金曜日の米国株式は+3%程度の上昇でしたが日本株は比較的弱く推移。いつもの日本株が戻ってきた感じですね。

本日の日経平均と先物手口

本日の日経平均株価は前日比▲228円の19669.12円でした。金曜ナイトと比較すると大分戻して検討しました。ただ、またナイト始まった途端下抜けるというここのところ毎度です。欧州勢の売りフローとかないはずなんですが…

さて、本日の手口ですが…
外資系は米系は売りで欧州系は売りとなり全体ではやや買いでした。米系の買戻しは途切れましたが、欧州系が引き続き買戻しの傾向になってる。

個別で見ると、買い方がアムロやシティ。売り方がモルスタやゴールドマンサックスなど。アムロはよくわかりませんが、モルスタやゴールドマンサックスの売りが続いてくるといいことはないです。ゴールドマンは金曜日に大量に買ったため、少し売ってきただけかもしれないし、傾向としては買い方にあることは間違いないのでとりあえず注視しておこう。クレディスイスは本日は買いであったが、量も少なく動きなしといってよいだろう。

国内系では、個人勢がやや売りで、野村が大きく売ってきているという状況です。とは言え野村は一時期の1/4程度の売建玉しか積まれていないので、まだまだといったところですね。一方、三菱の買いの積み上げ方がすごいですね。日銀でしょうか。今までと比較にならないほど積まれてきています。

外資トータルの動きなど全体的に見ると大きく状況は変わっていないようですが、買い方の中心がアムロなどのド短期勢であるのに対し、モルスタやゴールドマンサックスなどが売ってきているのは少し気になる。単発で終わればよいですが、少し立ち周りを考え直した方が良いかもしれない。。というか原油11ドルってもう見たことないです……
買いポジは整理しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です