先物手口分析-2020/4/23

本日の日経平均と先物手口

本日の日経平均株価は前日比+291円の19429.44円でした。米国市場が大幅反発したのを引き継ぎ日経平均も堅調でした。引け後はいつも通り下げて始まり19370円程度で推移している状況です。引け後は毎日この動きですね。。(2回目)

さて、本日の手口ですが…
外資系は米系が売りで欧州系が買いとなり、外資全体ではやや売りとなりました。建玉で見ると外資系はまだ売りに傾いているという訳ではなく、ほぼニュートラルなポジションが続いています。

個別で見ていくと、昨日まで買い戻す流れと思っていたゴールドマンサックスが本日大きく売ってきています。よくわからない動きです。注意しておきます。一方モルスタは特に特に変わった動きはなく本日はほぼフラットです。クレディスイスについても下を攻めるような動きではなく、ショートの買戻しを進めています。ここのあたりは良い兆候出ています。

国内系では個人が大きく売りに出ており、再度下で勝負をしてきています。一方で、野村は4000枚近く買ってきており、機関投資家など長期のフローなどあったのかもしれません。

個々の所毎日のように動向が変化していて、見方も毎日変わってきてます。昨日までは割とよいフローが多かったのですが、今日は一転ゴールドマンサックスの売りが目立ち、あまりいい印象ではありませんでした。という事で買いポジは極力減らして、様子を見たいと思います。ナイトも堅調に推移していますが、無理はせず、ゆっくりとやっていければ。

本日の一言

岡江久美子さんがコロナウィルスによる肺炎で亡くなられたとの事。ご冥福をお祈りします。
コロナの影響は全く収まる気配がなく、今日も東京都の感染者数は100名を超えてきました。欧州の様に毎日倍々に増えていかないところは、昨今の自粛モードの効果という事なんだろう。一日も早い収束を願おう。
在宅勤務、普段と違う環境で仕事をするというのは中々ストレスが溜まり、私自身もつらい日々を送っていますが、昨日証券会社の方から来たメールでとっても励まされたので紹介します。

Work From Homeでパソコンや通信環境の違いで歯がゆい思いをされている方へ

  • あなたは単に家で働いているのではない 家族を守るという使命と自分の仕事の両立のため家で必死に戦っている。
  • 今は自分の仕事の効率が落ちているのではない。限られたインフラの中ベストなパフォーマンスを出し続けている。
  • ほかの人はどうしているのだろうと思い悩む暇はない。今日を家族みんなで無事に過ごすこと、それだけに集中しよう。
  • 成果の定義。これまでの日々のそれと、これからのそれは大きく変化している。あなたは既にそれがわかっている。だからすでに実践できている。
  • 「これでは私はチームの役に立っていない」と気味が家で心を痛めている。僕は良いチームの存在を知った。

もう少しの辛抱。みんなで我慢して乗り切りたいですね。一人でも多くの命が助かるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です